お知らせ

  • 「豆まき会」2月2日(金)

    各自が工夫して作った豆入れや鬼のお面、衣装をつけて「豆まき会」を行いました。
    遊戯室に集まり、「節分」の話を聞き、作ったお面や豆入れの紹介、自分の心の中にいる追い出したい鬼について発表し合いました。次に保育室に戻り、つばめ組(年長児)が鬼に扮して、各クラスに登場しました。新聞紙を丸めた豆をたくさん作って待っていた年下のお友達は、「おには~そと」と一生懸命に投げていました。鬼に扮したつばめ組さんはびっくりして、すぐに逃げてしまいまいたが、気を取り直して強そうに、再度、各クラスに向かいました。つばめ組の豆まきは、保育士が鬼に扮して行いました。豆まき後は、鬼さんと握手をして心の中にいる追い出したい鬼を伝え約束しました。その後は、福の神が現れ安心した気持ちになることができました。
    楽しく行事に参加しながら自分を振り返り、心身共に健康に過ごせるようにと願いました。

  • 「発表会」11月25日 12月2日(土)

    今年度は年少児以下は各クラスごとに、年中・年長児は合同で発表会を行いました。久しぶりの合同での開催となり、「園歌」と「♪夢わかば」を心を一つにして歌いました。またクラスで日頃から親しんできた絵本や歌を表現あそびに取り入れ「劇ごっこ」にしました。年少児と年中児は好きな楽器を選んで合奏をしたり、年長児は3グループに分かれて「運動あそび」「合奏」「調べたこと」を発表したりしました。一年の成長の大きさを改めて感じることができました。
    子ども達は大好きなお家の方に見てもらい、頑張りを認め褒められ一人一人の自信につながり大きな力となりました。発表会後も役を交代して「発表会ごっこ」を楽しんでいます。

  • 「お店屋さんごっこ」11月1日(水)

    3歳以上児が2グループに分かれ、お店屋さんとお客さんになり、異年齢児交流を楽しみながら「お店屋さんごっこ」をしました。おもちゃ屋さん・食べ物屋さん・洋服屋さんなど、いろいろなお店には、自分達で作ったたくさんの品物が並べられ、玄関ホールは仁愛デパートに変身しました。お店屋さんになった子は「いらしゃいませ~」と大きな声でお客さんを呼び込み、一つ一つ売れていくと「やった~」と喜び、お客さんになった子は欲しいものを袋いっぱいに買い物ができ大喜びでした。異年齢児で協力してお店屋さんをしたことも、お客さんになり好きなものを買えたことも「楽しかった!」と満足していました。年長児さんは秋まつりでコーナーを担当した経験を活かして年下の子に上手に教えてくれ感心しました。
    0歳~2歳児は保育士と一緒に小グループに分かれ、ゆっくりとお買い物を楽しみました。ちょっぴり緊張していた子もお店屋さんになった年上の子が優しく手伝ってくれ好きなものを買っていました。

  • 「秋祭り」10月24日(火)25日(水)

    つばめ組(年長児)が運動会前に国旗作りをしたことから、世界の国々に興味が広がり、今年は「世界」をテーマに秋祭りが行われました。年長児は世界の民族衣装を調べて秋祭りで着る衣装を作りました。次に世界の国の食べ物や建物、動物などをアイパッドで調べ、YouTubeで折り方を見ながら製作し各自のうちわを装飾したり、みんなで担ぐおみこし作りをしたりし準備をしてきました。当日は異年齢でお神輿を担いだり輪になって踊ったり和太鼓を叩いたとりお祭りの雰囲気をたっぷりと味わっていました。お店はヨーヨー釣りや手裏剣がもらえる的あてが大人気でした。つばめ組さんはお店番もして大忙しいでしたが自分達で作りあげた秋祭りに大満足した様子で頼もしさが感じられました。年下の子達も優しく接してもらったり創造性に良い刺激をもらったりし、楽しく充実した時間を過ごすことができました。

  • 「じんあいっこマルシェ」10月21日(土)

    今年度初めて「じんあいっこマルシェ」を開催しまいした。在園児、卒園児、地域の方など、たくさんの方にご来場いただき大盛況となりました。遊びコーナーや日用品のバザー、民族楽器を使ったコンサートなどがあり、家族でいろいろな体験を楽しんでいました。卒園児の保護者の方がお店を出してくださったことで、久しぶりに会う卒園児の元気な顔もたくさん見ることができ交流の花が咲く嬉しい一日でありました。コロナ禍を経て改めて人と繋がることの大切さを感じました。

  • 「秋季親子遠足」10月13日(金)

    2歳児から5歳児の親子で「芝政ワールド」へ秋季遠足に出かけました。大型バスに乗ると子ども達は大喜びで、歌を歌ったりクイズをしたりしてあっという間に到着しました。キッズパラダイスや遊園地を友達や親子でまわり、汗だくになりながら次々と楽しんでいました。天気にも恵まれ、芝生の上でお弁当を食べたり、しゃぼん玉をしたり広い自然の中で伸び伸びと過ごせ、友達や親子の絆を深められた一日となりました。

  • 「人形劇団とんと鑑賞」9月20日(水)

    「人形劇団とんと」さんによる『ぽあんぽあん』『ブーちゃんとボーちゃんの楽しい遊園地』『三枚のおふだ』の人形劇鑑賞会がありました。0・1歳児たまご組さんから年長児つばめ組さん、みんなで楽しみました。軽快な音楽が始まると手拍子したり体を揺らしたりして、すぐにお話の世界に引き込まれていきました。人形が次々と出てくるたびに歓声を上げ大喜びし、面白く愉快に進むストーリーや動きに笑顔が絶えませんでした。『三枚のおふだ』は優しい和尚さんや小坊主に親しみを込めて見入っていました。鬼婆が出てくるとハラハラドキドキ怖がる姿も見られましたが、トラに化けた後、ノミに化け、餅に挟まれて和尚さんに食べられるとホッとしていました。トリックが上手で二人で演じていることに凄さを感じずにはいられませんでした。子ども達も人形劇の素晴らしさに感動していました。

  • 「運動会」9月9日(土)

    年少、年中、年長児さんが学年毎に仁愛女子短期大学体育館にて運動会を行いました。
    かなりあ組(年少)は初めての運動会で家族と離れて緊張する姿も見られましたが「かけっこ」に「マスゲーム」「玉入れ」にと、友達や先生たちと楽しむことで徐々に笑顔が見られるようになりました。
    ひばり組(年中)は「マスゲーム」ではキラキラの‘’ポンポン‘’を持って踊ったり鳴子を持って忍者になって踊ったりしました。一人一人が一所懸命で輝いていました。
    つばめ組(年長)は鼓隊演奏でオープニングを飾り、毎日暑い中、練習してきた成果を披露しました。鼓隊演奏を終えると自分たちで染色したオリジナルのTシャツを着て笑顔が溢れていました。「かけっこ」では年長児らしい力強さを「マスゲーム」では心を一つにして踊る姿から感動を届けていました。「玉入れ」では1回戦は紅組が勝ち、2回戦では同点、3回戦では白組の勝ちで、どちらの組も勝ちとなり、競い合う楽しさも味わった運動会でした。
    友達と力を合わせて自分達の運動会を作り上げられたことに満足感や達成感を味わい、また一つ成長しました。

  • 「お楽しみ会」7月14日(金)

    つばめ組(年長児)さんの「お楽しみ会」がありました。今年は園バスに乗って福井市少年自然の家に出かけ、山道を散策したり木の実や切り株を使って『森の仲間たち』や『森からの手紙』作りをし、お弁当を食べて帰ってきました。夕食には自分たちで作った味噌玉のお味噌汁・おにぎり・クレープを食べ、その後は園庭で花火をしました。お家の方がお迎えに来ると笑顔で楽しかったことを次々と話していました。友達と一緒に自然に触れ、様々な体験をすることで探求心や思考力、思いやる気持ちなどが育まれ充実した一日となりました。

  • 「時計屋見学」6月8日(木)

    時の記念日にちなみ、年中児ひばり組さんは通園バスを利用してシブヤ時計店に見学に行きました。お店の中には、大きな古時計、掛け時計、鳩時計、腕時計、目覚まし時計など様々な時計があり、時計屋さんに一つ一つ紹介してもらうと目を輝かせていました。時計の中にはバネが入っていること、その仕組や動き、修理の作業場も見せて頂き時計は壊れても直すと、また時間を教えてくれることが分かりました。最後には「なんで、時計って言うの?」「なんで、時計は壊れるの?」など次々と質問し、難しい説明でしたが「勉強になったわ」という声が聞かれました。時計への関心が深まって時間への意識が高まるきっかけになったと思います。

  • 「春季子ども遠足」5月11日(木)

    つばめ組(年長)ひばり(年中)組さんが白山神社へ遠足に出かけました。しっかり手を繋いで年長児さんがリードして歩いてくれました。移転前に保育園があった場所を通ると「覚えてる!」「何もないね」と懐かしそうな声が聞かれました。白山神社ではお参りをして、異年齢の交流を楽しみながら、大きな木の下で虫を見つけたり、まつぼっくりを拾ったりしました。翌日、大きな木を描く子が多く魅力的で印象に残った様子でした。帰りもしっかり歩いて帰って来れ大きくなったことを実感しました。

  • 「花まつり」 5月10日(水)

    4月8日はお釈迦様がお生まれになったお誕生日、そのお祝いをする仏教行事のお祭りが「花まつり」です。仁愛保育園では一か月遅れで「花まつり」を行い、みんなで集いお釈迦様の誕生をお祝しました。
    前日、つばめ(年長)・ひばり(年中)組のお友達が花御堂に飾り付けをしてくれました。当日は「お釈迦様の誕生」について大型紙芝居でお話を見たり♪花まつりマーチの歌を歌ったり、一人一人、好きな花を手に取り花瓶に生け、誕生仏に静かに甘茶を掛けて手を合わせてお釈迦様の誕生日をお祝いしました。降園時には、玄関に花御堂と甘茶を準備し、保護者の方にもお参りしたり甘茶を飲んだりして頂くことができました。

  • 「入園式」 4月4日(火)

    新入園児をお迎えし入園式を行いました。親子で入場した後、仏様にご報告を兼ねてお参りし、新園長が挨拶をしました。お友達の紹介をしたり、今年度は年長児がステージに立ち、お祝いの言葉と園歌の披露をしたりして、新しいお友達を歓迎しました。

PAGE TOP